コケリウムを初めて体験してみた!作り方は?育て方は?

Pocket

GREEN DAYの企画で「映えるコケリウムを作ってみよう!」の案内をもらったので

初めての体験でコケリウムを作ってきました。

そもそもコケリウムって何?って感じだったんですが 植物も好きだし

手軽にできそう 見た目もかわいいからぜひ参加したいと意気込んで行ってきました。

コケリウムとは?

コケリウムとは 苔で作ったテラリウムのことで 苔テラリウム=コケリウム

テラリウムとはガラス容器の中で植物を育てる方法のことを言います。

苔のほか多肉植物やエアープランツなどがあります。

苔は土のないところでも育つため 清潔であることと 日光が少ないところでも

育てられるところが 家の中で育てる植物&インテリアとして最近人気が出ています。

成長がゆっくりなため手のかからないことも人気の秘密です。

コケリウムの作り方

材料:ガラス瓶(今回蓋付)土・苔3種・牛のフィギア・水・ピンセット・はさみ

今回 初めての体験で材料は先生が揃えてくださって

私は言われた通りに作業するだけでした。

ガラス瓶に土を入れます。

ガラス瓶は蓋付で初めての人でも作りやすい 口の広く空いた瓶でした。

直径10センチ 高さ11センチ

ガラス瓶に 用意された土を入れます。

傾斜にしてもいいし 平らでもいいです。

自分の好きに入れてみました。今回傾斜でチャレンジ!

あ~この画像上から撮っているので 傾斜がわかりづらいですが

手前が低く奥が高く 土を入れました。

土に水をかけます。

土の色が変わるくらいで 水が溜まってしまうようなら 入れすぎなので

スポイトで吸い取ります。

これは水が入り始めたところで まだ真ん中あたりが濡れてないのがわかります。

好きなところに石をのせます。

土に刺さる感じで少し押して 置きました。

苔をほぐし根を切りそろえます。ピンセットでしっかり植え込みます。

今回 苔は3種使いました。スギゴケ・スナゴケ・もう一つは忘れましたが。

苔を指で1本1本ほぐします。長さが違う苔を少し束ねて根を切りそろえます。

切りそろえた苔の真上からピンセットで挟み 土の中にしっかり植え付けます。

苔が育ってくるので 間隔があいていても大丈夫です。

上に伸びる苔を奥に植えて 手前の低いほうには 這うタイプの苔を植えました。

こうして作業している間に 先に植えた苔の先が乾燥し始めて小さくなっていました。

作業してる本人は 初めてのことで 先生に言われるまで その違いがわかりませんでした。

霧吹きで水をかけて復活です。

苔を植えたら フィギアを飾ってみる

牛のフィギアを飾ってみました。

作品タイトル「牛の散歩道」

仕上げに霧吹きで水をかけ 瓶の内側についた水を

キッチンペーパーでふき取って出来上がりです。

まとめ

コケリウムを作ってみて 部屋の中で楽しめて手軽にできるところが魅力だと思います。

他の植物と比べても日光の当たらないところでも 人工照明でOKなところや

家の中 いろんなところに飾れて楽しめるところがいいです。

成長もゆっくりなので 普段のお手入れの手間がかかりません。

瓶の中が乾いたら たっぷり霧吹きで水をやれば大丈夫です。

作り方も 難しいことはなく 小学生でも作れる手軽さです。

夏休みの自由研究のお題にもいいかもしれないですね。

苔が成長してきたら ハサミで切り揃えてあげれば

2~3年は同じ瓶で育てることができます。

材料も 100均で揃えることもできます。苔も道端や公園など自然がたくさんあるような

ところにあるので ちょっと気を付けてみているだけで 苔も簡単に手に入ります。

作り慣れて いろんな苔にチャレンジしたいときは 通販で苔も購入できます。

今回 初めてチャレンジしましたが 簡単で手軽にできたのが楽しめました。

いろいろ興味がわいてくれば 園芸ショップ巡りも楽しくなりそうです。

コケリウムいかがでしたか?

身近な材料で簡単にチャレンジ出来そうですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする